前へ
次へ

アレルギーの舌下免疫療法について

アレルギー症状に苦しむ患者さんで、なるべく医薬品を服用することなく治療を行いたいと考えている人には「舌下免疫療法」をおすすめしたいと思います。
舌下免疫療法はアレルギー物質をごく少量ずつ体内に取り込んでいき、少しずつその適応量を増やしていくことで症状を克服しようとする治療法です。
この治療に成功し、日常生活に支障のないレベルまでアレルゲンの受容量を増やすことができれば、内服薬に頼ることなく完全にアレルギー症状を克服することができます。
ただし全ての人に適合する治療法というわけではなく、人によっては大きな成果を得られなかったり、治療の副作用として口内に重度の炎症を引き起こす危険もあります。
舌下免疫療法では気道が腫れて呼吸困難を引き起こすこともあるので、必ず医師の適切な指導の下慎重に実行しなければなりません。
くれぐれも自己流で行うような勝手な判断は慎みましょう。
またこの治療法は始めてすぐに大きな効果を実感できるものではありません。
治療を成功させるには、途中で投げ出すことなく根気強く治療にあたる覚悟を持つことも大切です。

Page Top