前へ
次へ

アレルギー性鼻炎をレーザー照射で直してもらう

サイトで素晴らしい発見をしてしまいました。
それはアレルギー性鼻炎をレーザー手術で治してしまうという方法です。
鼻の穴は当たり前ですが二つあります。
左右の鼻の穴の奥には下鼻甲介という粘膜があります。
この粘膜は外部から侵入する異物を防ぐ役目をしています。
ですがその働きが強すぎるとアレルギー性鼻炎を引き起こしてしまうということです。
レーザー手術で左右の鼻の奥の下鼻甲介という粘膜を焼き尽くしてしまうと、もうそれで一安心です。
手術をする時期なんですが、花粉症が流行するちょっと前に行うのが理想的です。
それには理由があります。
このレーザー手術なんですが、手術をしてから効き目があるのが2年から3年だということです。
ですからこの画期的な手術を受けたとしても、それから2年か3年が経過すれば、元のような状態に戻ってしまうということです。
今はお薬がとても発達してきていますから、最終的には、かかる費用の比較で方法を決定すれば良いのではないでしょうか。

Page Top